セフレ募集のデメリット

出会い系サイトやアプリを使ってセフレ募集をするのは圧倒的に男性が多いと思いがちですが、反対にセフレの募集をしている女性がいないと、身体だけの関係は成立しません。男女どちらもセフレを求めて出会い系サイトに登録したり、アプリをインストールしているでしょう。

ネットのセフレと出会えるサイトを利用する事は危険を伴う事も認識しておきましょう。出会い系サイトやアプリを選ぶ際のポイントやデメリットをご紹介します。

セフレ募集体験談などのブログを見て、エッチな気持ちが抑えられず無名のサイトを使う場合サクラに騙される可能性が高いです。
セフレを募集する場合、大手の有名な出会い系サイトやアプリを利用するのが安全です。ハッピーメールやPCMAXの様に広告の看板を出したりして女性会員獲得に力を入れているセフレ募集サイトを選ぶべきでしょう。もし悪質出会い系サイトに登録してしまった場合、すぐに退会できるのかもチェックしておきましょう。

男性向けセフレ出会いアプリでも年齢確認がない場合、未成年との出会いも考えられます。未成年の女性をセフレに希望している旨を掲示板に書き込むなどトンデモナイ事であり、法に触れています。

具体的にセックスフレンドとして未成年と付き合った場合、もし相手の親にばれたら告発されて、社会人生活を抹殺される事になります。

セフレとなった女性が未成年と知らなかった場合でも、罪は軽くなりますが、問われない事はありません。

妊娠させてしまうといった事が無い様にセーフセックスを心がけ、大人のモラルある行動をとって出会い系アプリを楽しみましょう。